歯科矯正のことなら茨城県行方市の山口歯科にお任せください
投稿
  • HOME »
  • なぜ鼻呼吸が大切か

なぜ鼻呼吸が大切か

呼吸の目的

なぜ、息をすうか?

ー呼吸の目的ー

細胞の構造

からだの細胞に0₂(さんそ)をわたし、あまったC0₂(にさんかたんそ)をとりのぞく

O₂は細胞のごはん

O₂がすくないと、

頭がはたらかない!
おちつきがない!
運動がへた!

O₂が完全になくなると、すぐ死んでしまう

よい呼吸⇒健康なからだ

1)空気(くうき)の通り道(とおりみち)=上あごの正常(せいじょう)な発育(はついく)

2)空気(くうき)をすったり、はいたりするポンプ

3)ポンプをうごかすシステム

空気をすったり、はいたりするポンプ

ひとがもつ2つのポンプ

1)横隔膜(おうかくまく)をつかうポンプ(腹式呼吸)
2)胸(むね)や肩(かた)をつかうポンプ(胸式呼吸)

血管の少ない肺の上1/3しか使わない。
⇨換気効率の低下⇨呼吸数の増加。

肺

正しい呼吸数(こきゅうすう)は、
1分間に 8-12回

横隔膜(おうかくまく)を使うポンプ

横隔膜(おうかくまく)ってどこ?

横隔膜(おうかくまく)をかんじよう!

姿勢(しせい)が大事(だいじ)。

よい姿勢は、足のサポートから始まる。
足が、骨盤を支え、骨盤が脊柱を支え、脊柱が頭蓋を支える。

姿勢骨の模型

ポンプをうごかすシステム

ポンプをうごかすシステム

 

細胞にO₂をわたすカギ

細胞にO₂をわたす

CO₂がたくさんあると、たくさんわたせる

CO₂がすこしだと、すこししかわたせない

CO₂がすこしだと、すこししかわたせない

CO₂の大切な3つの役割

1)からだの中にたくさんCO₂があると、細胞にたくさんO₂をわたせる

からだの中にCO₂をたくさんにする方法

  • 体(からだ)が必要(必要)なのは、6.5%
  • 空気中(くうきちゅう)には、0.03%
  • CO₂をからだの中で作って、貯(た)めておかなければならない。
  • CO₂は、運動(うんどう)と消化(しょうか)作(つく)られる。
  • CO₂は、血液(けつえき)と肺(はい)貯(た)められる。

口をあいてねていると・・・

CO₂は、運動と消化で作られるが、寝ていると運動していないので、二酸化炭素は少なめなのに、口をあいていると肺の二酸化炭素が逃げていく。酸素が細胞にいきわたらず、朝起きた時に既に疲れているかもしれません。

口を開けて寝ていると

CO₂をたくさんにするためには、どうしたらよいでしょう?

からだの中にたくさんCO₂があると、細胞にたくさんO₂をわたせる

2)CO₂が少ないと、からだの中の「管(かん・くだ)」が狭(せま)くなる

CO₂がすくなくなると管(かん・くだ)のまわりの平滑筋(へいかつきん)が縮(ちじ)み、管が狭(せま)くなる!

血管壁の構造

血管がちじむと⇒高血圧という病気になるかもしれません

せまくなる管が・・・

管がせまくなると

肝臓、腎臓、脾臓、すい臓でおこれば、肝不全、腎不全、脾臓不全・・・

3)次に息をすうきっかけ

息をすうきっかけ

ここで、クイズ!

お口ポカンだと・・・

CO₂
おおくなる? それとも  すくなくなる?

CO₂が足りない

酸素不足

これを治す方法は?

でも、大丈夫!当院のMRC矯正の中で行っている
呼吸(こきゅう)のアクティビティで、元の良い状態に戻せるよ!

呼吸(こきゅう)のアクティビティ

連絡先

〒311-3821
茨城県行方市蔵川433
TEL:0299-73-2241
(医)社団盛和会山口歯科医院

PAGETOP